梅雨に近づくと、癖毛が気になりませんか?
朝起きた時に鏡を見て、癖毛がどうしようもないことになんてことも…

癖毛は生まれ好きの人もいれば、成長期や急に癖毛になる人もいると思います。

私は生まれつき癖毛で、毎朝のストレートアイロンとの格闘に必死です。
「癖毛じゃなかったらもっと朝が楽なのに!」と朝に叫ぶことも(笑)

そもそもどうして癖毛になるのでしょうか?
今回は癖毛の原因や対策、癖毛の直す方法を調べたのでご紹介します。

癖毛の原因って何?

癖毛には【先天的癖毛】と【後天的癖毛】があります。

先天的とか後天的とか難しい言い方をしていますが、
簡単に言うと「生まれる前から癖毛」なのか「生まれた後に癖毛になったのか」と言うことです。

「生まれる前から癖毛なのか、生まれた後から癖毛なのか、それと癖毛対策何の関係があるの?」
と思う方も多いかも。

実はこの【どのタイミングで癖毛になったか】で、対策方法が変わってくるんですよ。

私は生まれつきなので先天的癖毛ですね。
では、先天的癖毛と後天的癖毛をもう少し詳しく調べます。

先天的癖毛


先天的癖毛は生まれる前から癖毛の人のことを言います。この癖毛は【遺伝】が関係しています。

父親もしくは母親が癖毛の場合は70%の確率で癖毛になり、両方の場合は90%の確率で癖毛になると言われています。

私の場合は両親どちらも癖毛なので、癖毛になるのは仕方がないこと…。

下記の2つが先天的癖毛の主な原因となります。

  • 毛根の形
  • 髪の毛の内部のタンパク質のバランス

毛根が歪んでいたり、タンパク質のバランスが悪い結果、癖毛になっているわけです。

ちなみに日本人の【70%】は先天的癖毛なのだとか!
もはや癖毛になるのは仕方がないことかもしれません。

後天的癖毛

後天的癖毛は、先天的癖毛と違って、生まれた後からの【生活】が原因でなります。
直毛で生まれてきたのに癖毛になってしまった人は、自分の生活を見直す必要があるかもしれませんね。

これが全てではありませんが、主な原因は下記のとおりとなります。

  1. 加齢
  2. 偏った食事
  3. 睡眠不足
  4. ストレス
  5. 喫煙

逆に言うと、これらの原因を改善すれば癖毛が治る可能性があります。

加齢はどうしようも無いような気がしますが、厳密に言えば、【加齢】も対策が可能です。

加齢によるホルモンバランスの乱れが原因ですので、ホルモンバランスが乱れないように生活を見直せばよいのです。

食べ過ぎや無理なダイエット、偏った食事は髪に悪い影響を与えます。
睡眠不足やストレスは、髪に栄養が行きにくくなりますので注意したいですね。

また特に気をつけたいのが喫煙です。喫煙は髪自体を傷付ける要因になります。

喫煙によって健康的な髪や綺麗なストレートヘアーが失われるだけでなく、健康にも悪いですよね。
肌の調子も悪くなるので、女性の天敵とも言えるでしょう。

先天的癖毛の直し方

先天的癖毛は原因が遺伝なので、毛が生えてくる【毛根自体】が歪んでいます。
私生活で何かを変えても少し抑えるだけで、完全に直すことはできません。

ですが先天的癖毛をどうにか改善する方法はあるんですよ!


それは【ストレートパーマと縮毛矯正】です!

ストレートパーマ

ストレートパーマは【癖が弱い人】にオススメの方法です。

髪が自然にボリュームダウンします。
元々髪にパーマを掛けていた人は落ちてストレートに。

縮毛矯正に比べて弱いので、自然なストレートを目指している人にオススメです。

しかしパーマなので、癖や技術者によってはすぐに取れる場合があるります。
美容室選びは入念に。

縮毛矯正

縮毛矯正は【癖が強い人】にオススメの方法です。

ストレートパーマでは伸ばしきれない癖毛をしっかりとまっすぐに伸ばします。

縮毛矯正はストレートパーマと違い、半永久的に効くので便利です。
(新たに伸びた部分は癖が出るので、たまにやり直す必要あり)

しかし髪の毛がぺたんこになるので、元々ボリュームがない人は気になるかもしれません。

ストレートパーマや縮毛矯正は、技術者によって出来上がりが変わるのがデメリット!
また失敗されると1~2年は影響が残ります。

できるだけ、やり直し保証がある美容室を選びましょう。

髪に負荷がかかって傷めてしまうので、日頃からのヘアケアが必須です。

梅雨が始まると癖毛のうねりが気になって仕方が無い人は、ストレートパーマや縮毛矯正をオススメします。

後天的癖毛の直し方

次は【後天的癖毛の直し方】を紹介します。

後天的癖毛は私生活が原因ですので、生活を直すとまっすぐな状態に戻ります。
それでは後天的癖毛の直し方を見ていきましょう!

良質な睡眠


まずは睡眠です。
しっかりとした睡眠をとれていないと癖毛になります。

良質な睡眠をとることでホルモンバランスが整い、ストレスを軽減できます。
年齢やストレスに寄ってホルモンバランスが悪くなり、髪の毛への栄養が行きにくくなりうねりやすい髪に…。

人は1日6~8時間くらい睡眠を取る必要があり、22時~2時までの間に寝るのが良いと言われています。

バランスの良い食事


次に【バランスの良い食事】です!
栄養が偏ると、頭皮の環境や毛穴の詰まり、髪へ栄養が行き渡らないなど癖毛の原因に…。

バランスの良い食事がわからないって人は、和食の定食を参考にしましょう!
【和食】はとっても身体にいいんですよ。

後で癖毛に良い食べ物も紹介しますので、その時にまた詳しく説明します。

冷え予防

次に【冷え予防】です!
下半身の冷えはホルモンバランスの乱れの原因に…。

半身浴やウォーキングを行い、下半身を冷やさないようにしましょう。
またマッサージすることで血流やリンパの流れが良くなり、冷え性だけでなくむくみにも効果が期待できます。

頭皮クレンジング


そして【頭皮クレンジング】も必要なのだとか!
頭皮の毛穴に皮脂や汚れが溜まっているのが原因かも?

頭皮クレンジングをすることで、頭皮の毛穴を綺麗にします。

ただしやりすぎは頭皮の必要な脂質まで摂ってしまうのでご注意を!
週に1回が目安です。

後天的癖毛の直し方をご紹介しましたが、どうでしたか?
結構簡単な方法ばかりですよね。

即効性はありませんが、続ければ癖毛の予防や改善に繋がります。

入浴後のドライヤーを徹底

皆さん当然、入浴後はドライヤーで髪の毛を乾かしていると思います。
でも今日からは、更に徹底して髪の毛を乾かして下さい。

髪には【キューティクル】と言う、毛髪の表面を覆っているカバーのようなものがあります。
このキューティクルは、髪が濡れると【開いて】しまいます。

キューティクルが開くと、毛髪に直接ダメージがかかり、癖毛の原因となってしまうんです。
ですので、入浴後はドライヤーで徹底的に髪を乾かしましょう。

これは雨に濡れたときでも同じです。
出来るだけ早く髪の毛を乾かし、キューティクルを閉じてあげましょう。

癖毛改善に良い食べ物

食生活を改めると、癖毛の解消に繋がります。
と言っても、どのような食事をしていいかわからないですよね。

癖毛改善に良い食べ物があるので紹介します!

  1. 大豆
  2. 牡蠣・レバー
  3. 煮干し
  4. アーモンド

一つずつ【なぜ癖毛を解消するのか】説明していきますね。

大豆


大豆はイソフラボンが豊富なことで有名ですね。
イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをします。

髪の毛は女性ホルモンと関係が深くあり、健康的な髪の毛を保つのに必要です。

豆腐や納豆・大豆製品は昔から日本人に食べています。
現代の日本人は不足しがちなので気をつけましょう。

大豆は癖毛に効くだけでなく、肌の状態も良くするので積極的に摂取!

牡蠣・レバー

牡蠣やレバーは亜鉛を多く含むことで有名です。
亜鉛は髪の正しい成長には欠かせません。

髪の毛の大半はタンパク質でできていますが、亜鉛なしでは栄養をしっかり受け取れません…。

不足しがちな亜鉛を毎日摂取することは、髪だけでなく健康にも大切!


牡蠣は食材の中で最も多く亜鉛を含んでいます。
季節によって大きさや味が変わりますが、たまには献立に入れるといいでしょう。

牡蠣が苦手な人はココアや牛モモ肉などで代用できますが、亜鉛の量が少ないので沢山食べる必要があります。


レバーは亜鉛だけでなく鉄分も多く含んでいます。
私は苦手なのですが、癖毛が改善されるなら「少しでも食べてみようかな?」とは思います。

亜鉛を多く含む食べ物は苦い物が多いので、苦手な人はサプリメントで補った方がいいかもしれませんね。

煮干し


煮干しには鉄分が多く含まれています。
鉄分は髪に栄養を運ぶ働きがあります。

タンパク質や亜鉛を摂取しても、それを髪に運ばないと意味がありません。
栄養素は血管を通って頭皮に行き、髪の毛に届くので血行を良くするために鉄分が必要です。

煮干しは特に多く鉄分を含んでいますが、苦手な人はきな粉でも代用できるので心配なし!

アーモンド


そしてアーモンドにはビタミンEが多く含まれていて、血管を広げる働きがあります。
血管が狭いと十分に栄養がいきわたりにくくなる…。

ですので血行改善することで癖毛の改善に繋がります。
アーモンドはダイエットにも効果があるので積極的に摂りたいですね。

大豆・牡蠣・レバー・煮干し・アーモンドだけでなく、タンパク質・炭水化物・脂質やビタミンなどもバランスよく摂取しましょう。
ただし食べ過ぎは肥満の原因だけでなく、頭皮の毛穴の詰まりの原因になるので注意を!

髪を洗う方法で癖毛を改善!

ストレートにする髪の洗い方を見つけました。

先天的癖毛と後天的癖毛、どちらも完全に直せるわけではないですが、癖毛をしたい人はぜひ毎日やるべき!
(ちなみに私は試してかなり改善されてきています)

シャンプー


シャンプーは無添加の物を選びましょう。
安いシャンプーは添加物が多いのでオススメできません。

シリコンは髪質で違うのでお好みで!

シャンプーのやり方は下記のとおりです。

  1. シャンプー前にブラシでホコリや汚れをある程度落とす
  2. シャワーだけで5分間予洗いをし、古い角質を落とす
  3. 手のひらにシャンプーを出して、髪に付けて優しく泡立てる
  4. 指の腹を使って、指全部でマッサージをしながら洗う
  5. 十分なお湯(40度ほど)でしっかり洗い流す

頭皮マッサージにもなり、頭がさっぱりします。

トリートメント


トリートメントは、【洗い流さないトリートメント】と【洗い流すトリートメント】両方使うことをオススメします。
リンスやコンディショナーでなく、トリートメントを使用するのがポイント!

髪の中間地点から毛先に使うのが基本的で、シャンプー後に洗い流すトリートメントをしっかりつけましょう。
5分ほど放置し、しっかり洗い流してください。

その後タオルドライをし、洗い流さないトリートメントを付けてからドライヤーをします。

タオルドライ


タオルドライをする前に髪の水気を十分に絞って落としましょう。
力を入れすぎないようにして水気を落とすのがポイントです。

その後タオルで髪の毛を優しく包み込み、ある程度髪の毛の水分を落としましょう。
(ガシガシ拭くのではなく、あくまでも優しく)

ドライヤー


そして、洗い流さないトリートメントを付けた髪をドライヤーで乾かしてブローをします。

20~30センチほど離れたところからドライヤーを左右に振りながら当てるのがポイントです。
ドライヤーを固定して当て続けると、髪の毛が傷んで癖毛になるので注意!

ブローは手ぐしで向いてほしい方向になるように、軽く引っ張りながら行います。

乾かしすぎると乾燥して癖毛になってしまうので、髪がしっとりする程度までを心がけましょう。

まとめ

癖毛になる原因と対策方法を紹介しましたがいかがでしょうか?

先天的癖毛の方は、美容室で強制的に癖毛を解消しましょう。
後天的癖毛の方は、生活習慣を見直すことで癖毛の改善が可能です。

面倒臭いかもしれませんが、毎朝の手間を考えればラクなものです。
他にも癖毛対策が見つかったらまた紹介しようと思います。